失望しなかった

仕方ない、関係ない、興味がない。

僕の出る幕じゃない。

そう想える場面が増えてきた。

そうすると職場の苦手なおばさんのことがあまり気にならなくなってきた。

気にしても疲れるだけ。

仕事場だけの付き合いだ。

この人がどうなろうと僕にはあまり関係ない。

そんなふうに思えるようになってきたのにはきっかけがあった。

僕のいる部署の責任者は僕よりひとまわり年下の男性だ。

彼はよく頑張っている。

だから僕は彼のためにも頑張ろうと思っていた。

ある日彼がおばさんといっしょに客様の悪口を言っていた。

ちなみにその彼もおばさんのことは僕と同じく苦手だ。

もともと愚痴の多い男ではあった。

だけどお客様のことはそれほど悪く言わなかった。

お客様のおかげで自分たちは仕事ができると言っていた。

その彼がすごい勢いでお客様の悪口を言っている。

しかも明らかにお客様の言い分が正しいにも関わらず、「なんだか嫌い。腹が立つ。謝りたくない」と繰り返していた。

おばさんも激しく同意していた。

それを聞いて僕は彼のために頑張ろうという思いが無くなったようだ。

これまで僕はおばさんがいいかげんな仕事をしていたら、お客様のため、彼のために、おばさんになんとなく意見を伝えていた。

それは本来であれば彼がやるべきことだ。

彼はずっとそれを避けていた。

避けてあとで愚痴っていた。

僕はこれからはその役割を担わない。

僕も出しゃばりだったと反省したから。

彼のことを嫌いになったわけではない。

彼の人格に対する評価にそれほど変化はない。

彼の人生だ。僕には関係ない。

そう思えるようになっただけ。

同時におばさんの悪いところも意見するほどまでには気にならなくなっていた。

あきらめるってこういうことか。

彼やおばさんにもっと失望するかなと思っていたけど。

好きか嫌いかしかなかった僕にとっては初めての感覚だ。

こんなふうに気持ちに変化があるときは、その変化を止めようとする力も働く。

それがいま自信のなさというかたちで僕の心を揺さぶっている。

変わらないでいろよ、人に期待し続けたらいいじやん、人に興味を持ち続けたらいいじゃん、人に興味を持たなくなったらさみしいよ、虚しいよ、と足を引っ張ろうとする。

それが自信のなさとなってあらわれているのだと思う。

人生で一番大きな変化のチャンスが訪れている。

だから必ず変わる。

戻らない。

他人は他人だってことが腹の底から納得できたとき、僕は僕、僕の人生は僕が決めるとはっきり宣言できるようになれるはずだ。

やっと、ここまでたどり着いた。

自信がない

僕には自信がない。

自信がないのをごまかすために外見にこだわってきた。

そんなのはすぐばれる。

なめられる。

精神的な安定、つまり自信、自分を信じる力がない限り負けて逃げてを続けるしかない。

自信が欲しい。

成功体験を積みたい。

自分を信じたい。

昨日の自分と今日の自分は同一人物だろうか? 僕はほんとに僕なのか? なんてことは思わないから、そういう意味では自分を信じていないわけじゃないけどね。

中年期危機だ。

生まれてこのかたずっと危機だけどね。

やりたいことはたくさんあるのに、やれることはほとんどないってのはつらい。

みんなそんなもんかな。

 

がっかりしたい

これまで人に関心を持ちすぎたおかげでたくさんの無駄なエネルギーを消費してきた。

他人に余計なアドバイスをしてきたし、何かあれば僕が他人に相談もしてきた。

言えることはひとつ。

余計だった。

アドバイスした相手は、「なるほど、よくわかりました。ありがとうございます」と毎回言ってくれた。

でもいつまでも変わらなかった。

僕の相談にのってくれた人のアドバイスは正論だった。

でも僕は変われなかった。

正論の通りに人が動くなら平和だ。

戦争も殺人も暴行も盗みも不倫も格差もない。

僕は人の言葉を鵜呑みにするタイプだった。

いろいろ騙された。

でもまだどこかで人を信じようとした。

するとまた騙された。

虚しさが増してきた。

人のアドバイスはいらない。

人にアドバイスをしない。

僕の人生は僕が決める。

他人の人生は他人のものだ。

自分を犠牲にしてでも守りたいと思えない奴のために親身になる必要なんてない。

適当に聞き流せ。

面白いもので適当に聞き流せるようになればなるほど、人が僕にいろいろ話してくるようになる。

以前は些細な話でも反対の意見を持っていれば迷わず意見を述べていた。

それが今は、「なるほどそういうことですか」と聞き流す。

「あなたが言いたいことは、こういうことですよね」と相手の言葉を言い換えて伝える。

ほんとうは、「あなたの価値観なんて僕にとってはどうでもいいです」と言いたい。

どうせ大した価値観じゃないんだから聞きたくもない。

でも社会だ。仕方ない。

アドバイスしたって変わらないのだったら、もうしない。

他人とほんとにわかり合うのは困難なのだから、わかり合おうとしなくていい。

ただそれだけ。

人に対して諦めがつけられるようになるためにはあとすこし人にがっかりさせられる必要がありそうだ。

人にがっかりさせられればさせられるほど、妻や仲間を大切に思えるようになる。

不思議だ。

無期限モラトリアム

今日もおかげさまで負け犬の一日がはじまった。

尻尾を巻いて逃げたとしても、逃げた先にもまた人生があるんだなぁ。

健康のために一日一食を続けている。

僕はなぜ健康でいたいのだろう。

少しでも長く生きていたいからか。

だとしたらあまり意味がない。

とこまで長生きしようがいつか必ず死ぬのだから。

死を恐れる限り生きたいという思いは執着となる。

死にたくないから生きるのでは何かおかしい。

なぜ生きるのか。

問題はそこだ。

健康は何かを成し遂げるために必要なもの。

健康であること自体が目的ではない。

阿弥陀仏の浄土に生まれ、そこで修行を積み菩薩となってまたこの世に生まれ、多くの人を救うこと。

これが僕の輪廻をまたぐ目標だ。

そのためには阿弥陀仏が僕を必ず救ってくださり、極楽に生まれさせてくださると信じて微塵も疑わない心を手に入れなくてはならない。

つまり僕が生きることの目的は阿弥陀仏を絶対に信じる心を手に入れることにある。

そのために健康でありたいと願うのが本筋だ。

とはいえ何事もなく平和な毎日のなかで信心をゲットするのは難しい。

健康なときには健康のありがたさを感じない。

元気で働けている間は死なんて意識しない。

自分が死に直面したり、近しい人の死に触れたとき、初めて生々しく死を感じ、死について考えはじめる。

やはり死をリアリティをもって感じなければ本当の信仰心は生まれない。

いつ死んでもいいと思えたときが信じる心が確立したときだ。

僕の人生の本質を表現する言葉、絵、音楽、何らかの作品、そういったものが自分のなかから生まれてきて、それを表現できたときに僕は死んでもいい心境になるのだと思っている。

僕は僕の人生をしっかりと表現できる何かを求めて生きている。

そこに尽きる。

菩薩になるために表現するってかっこいい。

「僕は菩薩になりたい。

そのために見る人、聞く人、読む人の側に寄り添っているような温もりが感じられる作品をつくるんだ。

悩み苦しんでいる人がこの世に一人でもいる限り、僕の表現は未完成だ」

なんてことをインタビューで話したい。

そんな夢想ばかりしていたから40歳半ばにして完全な負け犬になった。

無期限モラトリアムの大馬鹿野郎。

らしく、しかできない

口数を減らすととても楽だ。

疲れたときは口数が減る。話すのは疲れる証拠だ。

だったら口数が減ると楽なのも当然だ。

言葉は最低限でいい。

必要なことだけを必要な言葉だけ使って伝えられたら十分だ。

僕は芸人ではない。言葉で人を必要以上に楽しませる必要もない。

これまでかなり無理をしてきた。

場を良くしよう、和ませよう、意味あるものにしよう、僕を理解してもらおう、彼を理解しよう。

僕なりのサービス精神で言葉を重ねてきた。

それらの全てが無駄だったとはいわない。

無口である方がいいとこれまでの体験が教えてくれたから。

僕が何者かを理解して欲しかったし、彼が何者かを理解したかったけど、お互いに理解なんてできないとわかった。

自分の中から生まれてくるものとじっくり向き合う生き方が僕にとっては幸せだ。

人に理解してもらうために何かをやるのではなく、自分のためにやる。

自分のためにやって、自分と向き合い、自分を理解してはじめて人も理解できる。

人を理解する前に自分を理解しよう。

 若いころにロックだ芸術だと騒いでいた奴らはみんなまっとうに生活している。

僕は未だにそれができない。

かっこつけていってるんじゃない。

まっとうに生活できないのはかっこ悪い。

はっきりとわかっている。

でもなぜかできない。

できないなら、それで生きるしかない。

僕なりにまっとうになる方法としては、表だっての個性を消していくというやり方しか思いつけない。

負け犬は吠えるな。

負け犬は気配を消せ。

表に出ようとしなくてもいい。

もう安心して自分と向き合え。

 

 

負け犬でいく

いろんなことをあきらめたい。

あきらめる努力をしている。

周りから頼られないわけではないが、重宝されるわけでもない。

都合の良い使われ方をするばかり。

期待したら外れる。

40年間中途半端な生き方をしてきたから自業自得だ。

あきらめる。

無関心になる。

この2つをマスターするだけでかなり人生が楽になるはず。

諦観(ていかん)。

ものこどの本質を見抜く、悟るという意味がある。

あきらめるというのはネガティブな意味ではない。

僕には他人を変える力はない。

僕には他人にかまっている時間はない。

自分の価値観を他人に押しつけるのは傲慢だ。

これらを悟る。悟ったなら、改める。

 愛の反対は憎しみではなく無関心、と聞いたことがある。

僕は全人類を愛するなんてできない。

同じ職場の人でさえ全員を愛するなんてできない。

だから無関心が愛の反対だとしても僕は無関心になりたい。

万人を愛せなくても、愛すべき人を愛せたらいいから。

 あきらめスイッチを入れるための言葉。

変わらない

変えられない

しかたない

これでいい

これらを心の口癖にしていこう。

負け犬になるかな?

まあ実際負け犬だからいいのだけれど。

負け犬だと認めず、まだ勝てると思っているからしんどいわけだし。

アイム・ア・ルーザー

アマルーザ

アマルーザってビジュアル系のバンド名みたい。

アーマールザとすると高名な僧侶のサンスクリットの名前みたいでかっこいい。

僕は今日からアーマールザになります。

 

無関心万歳。

横断歩道の左側を自転車で走っていると反対から400㏄バイクくらいのぶっといタイヤをはいた自転車がやってきた。

乗ってるやつは火のついたタバコを手にした若い男。

こちらが進行方向左によけようとすると相手も同じ方向に自転車を向けてくる。

右によけるか左によけるか、お互いが右往左往して互いに自転車を止め足をついた。

僕は、「自転車は左、ね」と軽く注意した。

「俺のほうがどっちかって言うと左走ってるじゃねえか」という返事が返ってきた。

 ここ1か月ほど人に興味を持たない努力をしている。

でもたまにこういうことをしてしまう。

若者の反応からはっきりと理解した。

僕には他人の生き方を改めさせるような力はなく、めんどくさいおやじが絡んできたと思われ、なめられるだけだ。

僕の価値観が絶対に正しいという保証もなく、争いだけを生んでいる。

疲れた。

このままいくと死にたくなりそうだ。

死なないとは思うけど。

他人に無関心になるコツがあと少しでつかめそうだと思うたびに、こんな絡みかたをしてしまう。

ほんとに、ほんとに人に興味を持ちたくない。

「人に興味の無い、人に無関心の生き方はさみしいよ」と言う人もいる。

バカいうな。

みんな他人に無関心で生きてる。

だからルールを守らないやつらばかり。

あぁ、僕も無関心になりたい。

無関心万歳。